路上禁煙と電子タバコ増えチャンピックスの需要高まる

チャンピックスと言えば、某外資系製薬会社が開発した禁煙補助剤として世界発の飲み薬です。今までタバコを止めることのできなかった人がこのチャンピックスを服用することで禁煙に成功した人が大勢います。この薬はニコチン依存症の人にはよく効きます。
先進国で分煙や禁煙が遅れていた日本。路上禁煙を東京で初めて条例を作ってから、他の地方た都心部でも路上禁煙が始まりました。罰則金を設けているところも少ないです。
日本がここまで分煙や禁煙に取組んでみたのにはわけがあります。タバコによる人体への悪影響で多くの人が、がんや心臓病で亡くなっています。つまり喫煙率が下がれば、これらの病気への罹患率が小さくなり、医療費を抑えることができるのです。そのため社会は禁煙モードに少しずつシフトしていきました。喫煙者はタバコを止めたいがために、タバコの代用にある電子タバコを吸うようになりました。電子タバコはドラッグストアやネットで簡単に購入できますので、電子タバコの需要が増えつつあります。路上でもイスに座って電子タバコを吸っている人を見かけるようになりました。医療機関においてもチャンピックを購入する人が増えています。ただしチャンピックスは診察が必要ですので、必ず専門医に診てもらうようにしてください。飲み方にも決まりごとがありますので、チャンピックスを処方されたら薬剤師から飲み方や副作用などについてよく理解をしてください。
健康志向の増加に伴い、タバコを吸う人が年々減ってきています。タバコ臭いといわれていた飲み屋でも禁煙がかなり増えてきています。タバコを止めることで健康について考える人が増えていることは国にとってもいろいろな利益をもたらしてくれます。