チャンピックスの服用の仕方

チャンピックスで脱タバコ
禁煙によってタバコによる健康へのリスクをなくしたいと考える人は増えてきているものの、タバコによって得られる精神的なプラス効果を捨てることはなかなか難しく、達成できる人はそれほど多くありません。タバコの健康への影響が教育や報道を経て広く認識されるようになってからは社会問題としても捉えられるようになり、医療として禁煙の補助をしていくことの必要性が高まりました。それに伴って禁煙外来が病院に置かれるようになり、そこで用いられるチャンピックスという禁煙補助剤が開発されるに至っています。チャンピックスは錠剤であり、飲むだけで禁煙の補助ができるという便利な薬です。その服用の仕方には特徴があるため、実際に禁煙外来を受診して治療を開始する場合にはよく医師や薬剤師の説明を聞いて正しく服用することが大切になります。
チャンピックスは合計して12週間の服用を行うのが一般的な方法であり、そのうちで最初の7日間は喫煙をしながらチャンピックスを飲んでもよいという形でスタートします。その服用量も最初の三日間は0.5mgを一日一回食後として少ない量から身体を慣らし始めて、四日目から七日目までは0.5mgを朝夕二回食後に服用するという形をとります。この期間は喫煙しながらでも構いませんが、タバコを吸いたくなくなった場合には禁煙に入るのがより良い方法です。そして、8日目からはタバコを完全にやめることにします。
その補助の効果を強めるために1mgを朝夕二回食後に服用するという方法をとり、これを12週間続けることによって禁煙の達成を目指すことになります。はじめのうちは禁煙によるイライラを感じやすいですが、服用を続けることで緩和されていくのがこの禁煙治療の特徴です。

チャンピックスで禁煙を促進

喫煙が身体に様々な害を及ぼす事は知られていますが、健康の為に煙草を止めようと思っても、簡単には止める事はできないものです。しかしながら見事禁煙に成功された方も沢山いますので、決して止められない存在という訳では無いのです。ただし無事に禁煙に成功する為には禁煙のやり方に工夫が必要です。特に我慢だけで止めようとするのは失敗する可能性が非常に高いと言えますので、成功率をアップさせる為にもサポートをしてくれるグッズを活用してみる事をお勧めします。 禁煙に役立つグッズとしてはチャンピックスがありますが、医療機関で処方してもらう事ができる、煙草を止める為の飲み薬です。チャンピックスを利用した事で煙草が止められた方も多いようですが、どのように作用するのか見てみましょう。 チャンピックスには2つの働きがあるのですが、1つ目に禁断症状を和らげる働きがあります。これはチャンピックスにはドーパミンを放出させる働きがありますので、それによってイライラなどの禁断症状を抑える事ができるからです。禁煙に失敗してしまう方の多くは禁断症状に負けてしまった事によるものが多いようですので、辛い禁断症状への対策としてチャンピックスは非常に有効です。 2つ目の作用として煙草を不味く感じさせてくれます。煙草が美味しいと感じるのはニコチン受容体とニコチンが結合するからですが、チャンピックスは両者の結合を邪魔する働きがあるのです。煙草を吸ってもいつものような美味しさを感じる事はできなくなりますし、それによって煙草を求める気持ちも抑える事ができます。 このような2つの作用によって煙草を止め易くさせてくれますし、禁煙に成功できない方の頼れるパートナーになってくれると言えます。

チャンピックスの危険度は?

禁煙のための飲み薬として発表されているチャンピックスですが、服用に関しては最低でも12週間を必要とするものとして利用することになります。チャンピックスの効果に関しては、服用することによってニコチンを摂取したいという感情を軽減させることを可能としており、次第に喫煙を行った場合でも、満足感が得られないように誘導する機能を持っているものとして発表されています。実際にチャンピックスを利用して禁煙を成功させた方も数多く存在していますが、その一方で副作用等の報告も存在しているために、事前に危険度などを十分にチェックした上で利用することもおすすめになります。チャンピックスの副作用に関しては、例えば吐き気や頭痛、腹痛や便秘、人によっては不眠などを挙げることができますが、その他にも報告されたことのある内容としては、不安感を持ってしまったり、気分が落ち込んだり、意識障害などが起きてしまう可能性を持っているものとしても公表されています。どの項目であっても、使用中に違和感などを感じた方の場合では、服用を中止した上で適切な病院にて診察を受けることが必要になり、自己判断を行うことを避けることが賢明になります。しかし、一般的には実際に禁煙治療として役立つ効果を持っているものとして利用されており、人によって感じ方が違う傾向にあります。そもそも喫煙者が禁煙を行う際には、精神的な部分でも不具合が生じる可能性を持っているものになるために、事前に心構えを持っておくことも大切になります。報告されている危険等に関しては、例えば自動車の運転を行うことについては安全を保つことが難しいという内容が載せられていることもあります。その結果として安全性を保つためにも少しの不具合も見逃さない姿勢が大切になります。
■注目サイト
禁煙を葉巻で考えてる人へ